トマト銀行の沿革

昭和6年 11月 倉敷市において資本金100千円で倉敷無尽株式会社を設立(設立日11月9日)
昭和16年 3月 興国無尽株式会社及び別所無尽株式会社を吸収合併、商号を三和無尽株式会社と変更
昭和18年 9月 中国無尽株式会社の営業の全部を譲受
昭和26年 10月 相互銀行に転換、商号を株式会社三和相互銀行と変更
昭和44年 4月 商号を株式会社山陽相互銀行と変更
昭和46年 7月 株式を大阪証券業協会(現日本証券業協会大阪地区協会)に店頭登録
昭和50年 12月 本店を岡山市(現岡山市北区)番町2丁目3番4号に新築移転
昭和51年 4月 総合オンラインシステム移行開始
昭和53年 4月 外国為替公認銀行としての業務開始
昭和55年 10月 山陽リース株式会社設立(平成元年4月トマトリース株式会社に商号変更)
昭和58年 4月 公共債の窓口販売取扱開始
昭和60年 2月 山陽サービス株式会社設立(平成元年4月トマトサービス株式会社に商号変更)
昭和61年 4月 山陽ファイナンス株式会社設立(平成元年4月トマトファイナンス株式会社に商号変更)
昭和62年 6月 公共債ディーリング業務開始
昭和62年 10月 大阪証券取引所市場第二部及び広島証券取引所に株式を上場
昭和62年 11月 第3次オンラインシステム稼働
昭和63年 6月 公共債フルディーリング業務開始
昭和63年 12月 海外コルレス業務開始
平成元年 4月 普通銀行に転換、株式会社トマト銀行に商号変更
平成元年 9月 大阪証券取引所市場第一部に株式を指定替え
平成3年 7月 担保附社債信託法に基づく受託業務開始
平成4年 2月 海外コルレス契約包括承認の取得
平成7年 10月 トマトカード株式会社設立
平成10年 7月 トマトビジネス株式会社設立
平成12年 3月 広島証券取引所と東京証券取引所の合併に伴い、東京証券取引所市場第一部に株式を上場
平成12年 4月 インターネット・モバイルバンキングサービス開始
平成13年 2月 証券投資信託の窓口販売業務開始
平成13年 4月 損害保険代理店業務開始
平成14年 7月 岡山県信用組合の事業を譲受け
平成14年 10月 生命保険(個人年金保険)取扱開始
平成15年 11月 トマトファイナンス株式会社を合併
平成16年 5月 トマトサービス株式会社清算結了
平成21年 1月 新基幹系システム稼働開始
平成22年 3月 インターネット専用支店ももたろう支店開設
平成23年 11月 創立80周年
平成25年 7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場の統合に伴い、東京証券取引所市場第一部へ単独上場